〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町三丁目7-3 東ビル7階

  • TEL03-6206-8158
    平日(月~金曜日) 9:30~12:00 13:30~18:30
    土曜日・祝日    9:30~12:00 13:30~15:00

仁成堂鍼灸治療専門院
仁成堂鍼灸治療専門院
仁成堂鍼灸治療専門院

『体』と『心』の不調は本院に相談してください

仁成堂鍼灸治療専門院
– にんせいどうしんきゅうちりょうせんもんいん –

腰痛など体の不調改善をお手伝いする
東京都千代田区の仁成堂鍼灸治療専門院

東京都千代田区の仁成堂鍼灸治療専門院は、本場中国で学んだ鍼灸施術を駆使し、腰痛など患者様の体の不調改善のお手伝いを行っています。また東洋医学に通じた「精(せい)・氣(き)・神(しん)」の観点から、心の病の改善も実施していますので、お気軽にご相談ください。

院長ごあいさつ

院長ごあいさつ

私、金大成は、1964年生まれで中国黒龍江省の出身です。
二十代後半に中医薬大学で勉強した後、90年代に来日しました。日本では現場で実地体験を積みつつ、専門知識を深め、日本の国家資格を取得しました。今日にいたるまで多くの患者様に接することで理論的知織と臨床経験とを結びつけることができました。
私はこれまでの長期の実践を通して、より効果の高い鍼灸手技「透刺法」と、現代の理療電気(パルス)を併用することにより、多くの難病にも高い治療効果をあげることができました。これからもより優れた鍼灸師を目指して、勉強と研究を一生続ける決意でいます。
本院は中国の漢方(東洋医学)の観点と、西洋医学の観点とを併せ、患者様の心と体を一体のものとして診察し、おひとりおひとりの体質や症状の違いに添って治療方針を立てます。
治療にあたった患者様が元気に回復し、希望を持ち直す様子を見ることは私にとって大きな喜びであり、仕事の新たな意欲につながっています。
患者様の元気になりたいという気持ちと、元気をしてさし上げたいという気持ちをひとつにして、一緒に病気と向き合っていきましょう。

仁成堂鍼灸治療専門院(にんせいどうしんきゅうちりょうせんもんいん)
院長 金 大成(きん だいせい)

気功×鍼灸!
  •  厚生労働省認定鍼灸師
  •  日本鍼灸・マッサージ協会会員
  •  中国国立黒龍江省中医薬大学に研修
  •  同大学付属病院の心・脳血管循環科にて研修
  •  中国気功整体師
  •  全日本氣功養生協会の副会長
  •  中国少林寺の内家功「一指褝」倒立の功夫あり

気功×鍼灸!

これは私が親指で倒立をしているところです。
私の体全体の重みを支えているのは親指の力というよりは、これこそが気の力なのです。
鍼灸と気功の併用によりさらに治療効果はたかくなりました。

気功治療は、気功師が放出する気を患者がもらい、体内の邪気(悪い気)を排出して、人体の元気場を調整し、病気を治すのです。
気功の元気場は経路と同じで、元気場の異常が病気のもとになります。
私は鍼灸の一針一針に常に自分の気を送りなから患者さん治療をしているのです。

  •  厚生労働省認定鍼灸師
  •  日本鍼灸・マッサージ協会会員
  •  中国国立黒龍江省中医薬大学にて研修
  •  同大学付属病院の心・脳血管循環科にて研修
  •  中国気功整体師
  •  全日本氣功養生協会の副会長

中国少林寺の内家功「一指褝」倒立の功夫あり
気功×鍼灸!

これは私が親指で倒立をしているところです。
私の体全体の重みを支えているのは親指の力というよりは、これこそが気の力なのです。
気功治療は、気功師が放出する気を患者がもらい、体内の邪気(悪い気)を排出して、人体の元気場を調整し、病気を治すのです。気功の元気場は経路と同じで、元気場の異常が病気のもとになります。

気功×鍼灸!

鍼灸と気功の併用によりさらに治療効果はたかくなりました。
私は鍼灸の一針一針に常に自分の気を送りなから患者さん治療をしているのです。

漢方豆知識

その① 目に良い食事は? 
~やはり納豆は優れ者!

納豆はお好きですか?
ご飯のお供としての手軽さやお値段からも、昔から庶民の味方ですね。
納豆はネバネバ食品代表選手で血管、血流に良いという事は一般的によく知られています。さらに、優れた総合栄養食品です。

ですから、目や視神経の細胞を活性化したり、修復したりするのに、大切な栄養素なのです。
他には豚レバー長ネギの白い部分などが目の働きに良いとされているので、組み合わせて食べるとさらに有効です。

漢方豆知識

その② いつでもどこでも出来る目の簡単セルフケア

あなたの目は元気ですか?

現代の生活は、長時間のパソコン、スマホの使用等知らず知らずに目が強い光にさらされている事が以前より増えました。
原因は一つではないと思いますが、今は若い人でも緑内障等の目の病気を発症する人が増えています。
目が疲れる、頭が痛い、肩が凝る等の症状を軽く考えて放っておいてはいけません。
深刻な病気になる前に「セルフケア」を身に受けて自分で予防に務めましょう。

目の簡単セルフケアをしましょう

いつでもどこでも出来る目の簡単セルフケア




1.まず、両手をもみ合わせて温めます。
いつでもどこでも出来る目の簡単セルフケア




2.親指で攅(さん)竹(ちく)ツボ(眉根のあたり)を揉みます。(36回)
いつでもどこでも出来る目の簡単セルフケア




3.親指と人差し指で晴(せい)明(めい)ツボ(目頭のあたり)を揉みます。(36回)
いつでもどこでも出来る目の簡単セルフケア




4.人差し指で四(し)白(はく)ツボ(目の下、指一本分空ける)を揉みます。(36回)
いつでもどこでも出来る目の簡単セルフケア




5.親指で太陽(たいよう)ツボ(こめかみの辺り)を揉みます。(36回)

全部やって2、3分です。「疲れたな」と、思ったら仕事の合間にやりましょう。

 
漢方豆知識

気分のリフレッシュもできます。

指で軽く押しながら、回すように揉むと良いでしょう。

その③ 梅、うめ、ウメ!~梅効果で高温多湿を乗り切る

この時期気を付けたい体の不調

  • 湿気による関節のむくみや痛み
  • アトピー等の皮膚のトラブル
  • 脳梗塞
  • 熱中症

梅に助けてもらいましょう~梅がしてくれる良い事色々

  • 疲労回復効果
  • 殺菌作用
  • 抗酸化作用
  • 収れん効果で汗や水分が必要以上に体から出すぎないように守る

梅と言えば・・・

思い出すのは子供のころに飲んだ梅ジュースの味です。
それは母が働いていた工場で、夏場 労働者のために作られ配られていたものです。
疲労回復・熱中症予防の目的だったと思うのですが、母は自分で飲まずに私たち子どものためによく持ち帰って来ました。
砂糖入りで甘酸っぱく、とてもおいしく感じたものです。
日本でも「酸梅湯」で通じるかと思います。

梅の甘露煮

梅が出回るのを楽しみにして、この時期我が家では必ず作ります。
梅は水を入れず上からたっぷりとハチミツをかけ、ごくとろ火でゆっくり煮ていると汁が出てきます。
1㎏ほどなら30分前後で出来上がり。
よく汁ごとヨーグルトに乗せて食べますが、汁はジュースになり実はジャムになります。

漢方豆知識

その④ ウイルスなんかに負けられない!

そもそも私たちの体は簡単には病気にかからないためのシステムが備わっています。
新型コロナウィルスの危険がどこまで自分の身近に迫っているのか、見えないだけに不安が募る日々ですが、先ず気持ちで負けてはいけません。自分の免疫細胞を増やして味方につけましょう!

ウイルスなんかに負けられない!
ウイルスなんかに負けられない!

東洋医学の基本「精(せい)」・「氣(き)」・「神(しん)」

精・氣・神は本来古代哲学の概念です。
宇宙に存在する萬物の形成は元素が素ですが、東洋医学では精・氣・神が人体の生命活動の根本と考えます。

「精」は人的生命の起源です。
人の生殖機能・成長や発育を促進し、外界のさまざまな悪影響に抵抗し、病気にならないようにします。

「氣」は人的生命の動力です。「氣」は二つの概念からできています。
ひとつは人体の中に運行する見えない微小物質として捉えます。
さらにもうひとつは、人体の各臓腑器官活動の能力そのものとして捉えます。
ですから東洋医学では「氣」は物質であり機能なのです。
人体の呼吸・水穀(食物)の代謝・血液循環と津液(体内の水分の総称)の運行・外邪(外界の邪気)
に対する抵抗などすべての生命活動は気の働きによって維持されます。

「神」は東洋医学において、精神活動・意志運動・知覚運動・運動機能など一切の生命活動を司る「最高司令官」と言えます。
「神」は五臓の中の心に納まっています。「神」が安定していれば心身ともに健康で、
不安定になれば邪気に傷付けられやすく、思考や判断力も衰え、知覚異常や運動機能の異常が起こります。
東洋医学では人の健康判断は「精」・「氣」・「神」の三者の強弱で判断します。
「精」が強ければ「氣」も強い、「氣」が強ければ「神」も強くなる。
逆に「精」が弱ければ「氣」も弱く、「氣」が弱ければ「神」も弱くなります。
ですから、東洋医学はこの三方面の順・逆(強・弱)によって、人の健康状態と疾病を考えます。
「精」・「氣」・「神」は人の生命存亡の根本です。

『体』と『心』の不調は本院に相談してください仁成堂鍼灸治療専門院
– にんせいどうしんきゅうちりょうせんもんいん –

〒101-0045 
東京都千代田区神田鍛冶町三丁目7-3 東ビル7階

TEL03-6206-8158

24時間WEB予約

平日(月~金曜日) 9:30~12:00・13:30~18:30
土曜日・祝日    9:30~12:00・13:30~15:00

お知らせ

2020/12/29
年末・年始・休業のお知らせ
2020/05/18
本日の2020年5月18日(月)から通常に営業します。
2020/05/02
新型コロナウィルス感染拡大防止による休業のお知らせ
2020/04/02
新型コロナウイルスの感染拡張影響で休診します。
2019/12/10
年末年始休みのお知らせ
2019/06/28
股関節痛の患者様の声
2019/02/04
蕁麻疹の患者様の声
2018/11/19
耳鳴りの患者様の声
2018/10/05
耳鳴りや頭痛の患者様の声
2018/09/26
鍼灸の治療効果と科学的根拠示された

お知らせ一覧

院概要

院概要
院名 仁成堂鍼灸治療専門院
(にんせいどうしんきゅうちりょうせんもんいん)
院長 金 大成(きん だいせい)
所在地 〒101-0045 
東京都千代田区神田鍛冶町三丁目7-3 東ビル7階
電話番号 03-6206-8158
URL https://www.ninseido.info
メールアドレス info@ninseido.info
休診日 毎週日曜日・年末年始・お盆
診療時間 平日(月~金曜日) 9:30~12:00・13:30~18:30
土曜日・祝日 9:30~12:00・13:30~15:00

詳細はこちら

診療時間 土・祝
9:30~12:00 休診日
13:30~18:30 15:00まで 休診日