〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町三丁目7-3 東ビル7階

  • TEL03-6206-8158
    平日(月~金曜日) 9:30~12:00 13:30~18:30
    土曜日・祝日    9:30~12:00 13:30~15:00

脊髄小脳変性症|歩行障害など感じたら仁成堂鍼灸治療専門院へ

院長ごあいさつ

院長ごあいさつ

私、金大成は、1964年生まれで中国黒龍江省の出身です。
二十代後半に中医薬大学で勉強した後、90年代に来日しました。日本では現場で実地体験を積みつつ、専門知識を深め、日本の国家資格を取得しました。今日にいたるまで多くの患者様に接することで理論的知織と臨床経験とを結びつけることができました。
私はこれまでの長期の実践を通して、より効果の高い鍼灸手技「透刺法」と、現代の理療電気(パルス)を併用することにより、多くの難病にも高い治療効果をあげることができました。これからもより優れた鍼灸師を目指して、勉強と研究を一生続ける決意でいます。
本院は中国の漢方(東洋医学)の観点と、西洋医学の観点とを併せ、患者様の心と体を一体のものとして診察し、おひとりおひとりの体質や症状の違いに添って治療方針を立てます。
治療にあたった患者様が元気に回復し、希望を持ち直す様子を見ることは私にとって大きな喜びであり、仕事の新たな意欲につながっています。
患者様の元気になりたいという気持ちと、元気をしてさし上げたいという気持ちをひとつにして、一緒に病気と向き合っていきましょう。

仁成堂鍼灸治療専門院(にんせいどうしんきゅうちりょうせんもんいん)
院長 金 大成(きん だいせい)

気功×鍼灸!
  •  厚生労働省認定鍼灸師
  •  日本鍼灸・マッサージ協会会員
  •  中国国立黒龍江省中医薬大学に研修
  •  同大学付属病院の心・脳血管循環科にて研修
  •  中国気功整体師
  •  全日本氣功養生協会の副会長
  •  中国少林寺の内家功「一指褝」倒立の功夫あり

気功×鍼灸!

これは私が親指で倒立をしているところです。
私の体全体の重みを支えているのは親指の力というよりは、これこそが気の力なのです。
気功治療は、気功師が放出する気を患者がもらい、体内の邪気(悪い気)を排出して、人体の元気場を調整し、病気を治すのです。気功の元気場は経路と同じで、元気場の異常が病気のもとになります。

鍼灸と気功の併用によりさらに治療効果はたかくなりました。
私は鍼灸の一針一針に常に自分の気を送りなから患者さん治療をしているのです。

  •  厚生労働省認定鍼灸師
  •  日本鍼灸・マッサージ協会会員
  •  中国国立黒龍江省中医薬大学にて研修
  •  同大学付属病院の心・脳血管循環科にて研修
  •  中国気功整体師
  •  全日本氣功養生協会の副会長

中国少林寺の内家功「一指褝」倒立の功夫あり
気功×鍼灸!

これは私が親指で倒立をしているところです。
私の体全体の重みを支えているのは親指の力というよりは、これこそが気の力なのです。
鍼灸と気功の併用によりさらに治療効果はたかくなりました。

気功×鍼灸!

気功治療は、気功師が放出する気を患者がもらい、体内の邪気(悪い気)を排出して、人体の元気場を調整し、病気を治すのです。
気功の元気場は経路と同じで、元気場の異常が病気のもとになります。
私は鍼灸の一針一針に常に自分の気を送りなから患者さん治療をしているのです。

脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性

脊髄小脳変性症は,徐々に発症しゆっくりと進行性の経過をとり、小脳性もしくは脊髄後索性の運動失調を主症状とする神経変性疾患の総称です。
成因は不明で、小脳や脊髄の神経核や伝導路の萎縮が生じます。伝導性のものと非遺伝性のものがあります。
小脳性ないし脊髄後索性の運動失調を主症状とし、徐々に潜在性に発症し,緩徐進行性の臨床経過を示し。
発症年齢は通常中年以降であるが、疾患によっては、若年発症例、高齢発症例もありうる。
運動失調症状としては、体幹失調・四肢の失調・構音障害などが出現します。
錐体路徴候、自律神経症状、眼球運動の異常(眼振,外眼筋麻痺など)などが加わることあります。
疾患ごとにその組み合わせに特徴があり診断上有用であります。
歩行が不安定で、千鳥足のような歩き方になります。
歩行のリズムも失われる(失調性歩行)。
脊髄後索性失調の場合には、位置覚・振動覚などの深部知覚障害が強いです。

ホルムズ型失調症

遺伝性でなく、中年以後に発症し、歩行失調から、動作緩慢、振戦などの錐体路徴候を呈し、CT検査・MRI検査では、小脳・脳幹の萎縮が特徴でありますが、脳幹についてはとくに橋底部の萎縮が強いです。

晩発性小脳皮質萎縮症

遺伝性ではなく、中年以後発症し、小脳皮質・オリーブ核が萎縮します。ゆっくり歩行障害や構音障害が進行します。

オリーブ橋小脳萎縮症

遺伝性でなく、中年以後に発症し、歩行失調から、動作緩慢、振戦などの錐体路徴候を呈し、CT検査・MRI検査では、小脳・脳幹の萎縮が特徴でありますが、脳幹についてはとくに橋底部の萎縮が強いです。

歯状核赤核淡蒼球レビ(-)体萎縮症

遺伝子で小脳失調・舞踏病・アテトーゼ・でんかん・イオクローヌス・認知症(痴呆)を呈します。

脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症の治療原則

本院の脊髄小脳変性症の治療原則として、中医医学の基礎理論でひとりひとりの症状を分析し、本院特色の透刺法(透穴法)で針と微電気(パルス)併用して、経絡上の百会穴(ツボ)・合穀穴・曲池穴・手三里穴・内関穴・大椎穴・風池穴・足三里穴・三陰交穴・陽陵泉穴などと経絡外の・四神聡穴・太陽穴(ツボ)などの奇穴に刺激します。
小脳の血液循環を促進し、小脳神経を活性化します。

仁成堂の鍼灸は透刺法!

透刺法(透穴法)とは一本の針で2つの穴(ツボ)或いは複数以上の穴(ツボ)を刺すことです。
透刺法は一般的な方法より経絡の通りや、氣血の循環を加速します。また、神経に対しての刺激量も多いので、神経細胞の活性化も促進します。そのため、病気を早く治すことができるのです。

治療時間 30分~60分程度。
初診料 3,000円
治療費 4,500円(30分)~9,000円(60分)
※30分の回数券(11回分)45,000円

※病院の同意書があれば、保険可能。

『体』と『心』の不調は本院に相談してください仁成堂鍼灸治療専門院
- にんせいどうしんきゅうちりょうせんもんいん -

〒101-0045 
東京都千代田区神田鍛冶町三丁目7-3 東ビル7階

TEL03-6206-8158

24時間WEB予約

平日(月~金曜日) 9:30~12:00 13:30~18:30
土曜日・祝日    9:30~12:00 13:30~15:00